HOME > お知らせ

お知らせ

布団干し

今週の○×クイズは…

 

「布団を干したあとは、たたかないほうがよい。」○か×か?

 

布団の内部には、あるものが隠れています。

 

 

では前回のクイズ。

 

「お吸い物をつくるには顆粒だしではなく、昆布とカツオ節をたっぷり使う?」の答えは…

 

×でした。

 

実はうまみ成分が多すぎると、うまみ専用の味覚受容体が受け入れ不能になり「苦み」や「渋み」を感じてしまいます。

味噌汁のように味が濃いものなら、多少の苦みは気になりませんが、お吸い物のように繊細な味を楽しむ場合、だしのとりすぎは禁物です。

つまり、顆粒だしがいけないわけではなく、昆布もカツオ節もとりすぎはダメということで、何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」ということなのですね。


お吸い物

今週の○×クイズは…

 

「お吸い物をつくるには顆粒だしではなく、昆布とカツオ節をたっぷり使う。」○か×か?

 

味噌汁ではなくお吸い物ですよ。

 

 

では前回のクイズ

 

「ヨーグルトに入っているアロエには様々な薬効がある?」の答えは…

 

×ですよ。

 

アロエベラやキダチアロエの緑色の皮の部分に含まれる「アロイン」という成分には胃の働きを活発にする薬効があり、日本薬局方で医薬品として登録されています。

 

ところが「じゃあ答えは○じゃないか?」と思ったら大きな間違いです。

 

なぜならば、医薬品を含む製品を「食品」として販売することは法律で禁止されているから。

薬の効果には「副作用」も含まれますから、安易に「食品」に混ぜてはいけないのですね。

なので実は、ヨーグルトに入っているのは薬効成分のない中身だけです。

 

ただし、これは決して「アロエ入りヨーグルトは健康にいいわけではない」と言っているのではありませんよ。

あくまでも「体にいい」ことと「薬効がある」ことは別物だということです。

 


アロエ

今週の○×クイズは…

 

「ヨーグルトに入っているアロエには様々な薬効がある。」○か×か?

 

アロエの皮の部分には薬効がありますが、さて…?

 

 

では、前回のクイズ

 

「白菜は外側の葉よりも中心部を先に食べたほうがいい?」の答えは…

 

○です。

 

実は白菜は中心部こそ糖やグルタミン酸が多いので美味しいと言えます。

なぜならば、中心部は春になったとき一気に伸びて花を咲かせるためのエネルギーを蓄える部分だから。

そして、中心部をそのままにしておくと、せっかく蓄えた栄養が生長に使われてしまいます。

 

以上の理由で白菜は中心部から食べないと損なのですね。

 


白菜

今週の○×クイズは…

 

「白菜は外側の葉よりも中心部を先に食べたほうがいい。」○か×か?

 

中心部は生長ポイントなのですが…?

 

 

では前回のクイズ

 

「フローリングの床を掃除するには掃除機が先で拭き掃除があと?」の答えは…

 

×です。

 

まず、掃除機で大きなゴミや髪の毛などを吸い取り、そのあとワイパーを使ってホコリなどを拭き取る。

正しい掃除方法のような気がしますが実はこれが間違い。

 

フローリングの表面のハウスダストは、掃除機の排気によって宙に舞い上げられてしまいます。

そして、ワイパーをかけている頃はまだ空中から降りてきていません。

 

つまり、舞い上がる可能性のあるハウスダストを先に拭き取り、そのあとに掃除機で大きなゴミや髪の毛などを吸い取る方が効果的な掃除方法なのです。


ハウスダスト

今週の○×クイズは…

 

「フローリングの床を掃除するには掃除機が先で拭き掃除があと。」○か×か?

 

フローリングをきれいにするにはハウスダスト対策が肝心なのですが…?

 

 

では、前回のクイズ

 

「『アルカリ性食品は体によい』説は、栄養学的には根拠がない?」の答えは…

 

○です。

 

人間の身体には恒常性があり、食物によって血液の酸性・アルカリ性が変わることはまずありません。

呼吸や排尿、血液そのものが持っている緩衝性で常に調整されており、このことは1980年代後半には当時の国立栄養研究所の研究者によって断言されています。

 

ちなみに酸性食品には、卵、豚、牛、鶏、魚、米などがあり、アルカリ性食品には、ひじき、ワカメ、昆布、干し椎茸、大豆、ほうれん草、ごぼう、さつまいも、にんじん、里芋、メロン、レモンなどがあります。

 

なんとなくアルカリ性食品の方が健康にいいようなイメージがあるかもしれませんが、どちらかに偏った食事ばかり続けていたら体にはよくないことに間違いありませんので、バランスに気をつけてくださいね。


アルカリ性食品

今週の○×クイズは…

 

「『アルカリ性食品は体によい』説は、栄養学的には根拠がない。」○か×か?

 

アルカリ性食品には、ひじき、ワカメ、干し椎茸、ほうれん草、レモンなどがあります。

 

 

では、前回のクイズ

 

「手のむくみ解消には、指圧がとても効果的?」の答えは…

 

×です。

 

リンパ液が流れるリンパ管は体内の排水管と言えますが、血管にとっての心臓のようなポンプがありません。

なので、仕事などで一日中座りっぱなしでいたりすると、リンパ液の流れが滞りむくんでしまいます。

 

これを解消するには、リンパ管が集まっているリンパ節をほぐしたり、リンパ管に沿ってさすったりしてリンパ液を流すことが効果的です。

ちなみに当院では裏の40分以上のコースでオイルを使ったトリートメントを行っています。

 

なお、指圧の効果は血流の改善であり、押す場所によって多少はリンパ液も動くでしょうが、むくみ解消に効果的とまでは言えません。

 


手足のむくみ

今週の○×クイズは…

 

「手のむくみ解消には、指圧がとても効果的。」○か×か?

 

血流改善に効果的な指圧。むくみ解消には…?

 

 

では、前回のクイズ

 

「豚肉の脂は動物性脂肪ではあるがコレステロール値を下げる?」の答えは…

 

×です。

 

豚肉の脂には、他の動物性脂肪に比べて多くの「オレイン酸」が含まれています。

ということは、豚の脂にもコレステロール値を下げる効果がないとも言い切れません。

 

ただし、それはあくまでも理想的なバランスの食事であることが大前提です。

 

つまり、他の脂肪を摂ったときに豚の脂がコレステロール値を下げてくれる保証はありませんし、豚の脂自体も摂りすぎればコレステロール値は上がります。

 

どんな食べ物でも「食べ過ぎ」はよくないということを覚えておきましょう。


豚肉

今週の○×クイズは…

 

「豚肉の脂は動物性脂肪ではあるがコレステロール値を下げる。」○か×か? 

 

豚の脂肪にはオレイン酸が多く含まれていますが…?

 

 

では、前回のクイズ

 

「山で道に迷ったら、飲み水が確保できる沢伝いに下って里に出る?」の答えは…

 

×でした。

 

確かに水は低い方に流れるので、やがては人里に出られるかもしれません。

ただしこれは一見いい方法のようにも思えますが、実は間違いです。

 

まず、山間部に流れる沢の多くは大小の「滝」で行き止まりになりますし、そこで滑落すれば命に関わります。

また、濡れた岩や浮石では転倒の危険がありますし、沢は谷間を流れているため見通しが悪く、せっかく救助が来ても見つかりにくいこともあるのです。

 

山で道に迷ったら、その場にとどまるか、尾根に沿って高い場所に出るのが鉄則だそうです。

自力でなんとかしようとするよりも、いかに見つけてもらいやすくするかを考えたほうがいいみたいですよ。

 

 


迷い道

今週の○×クイズは…

 

「山で道に迷ったら、飲み水が確保できる沢伝いに下って里に出る。」○か×か?

 

下りは登りよりは体力的に楽ですが…?

 

 

では、前回のクイズ

 

「軽い騒音も長く聞くと難聴になりやすい?」の答えは…

 

○です。

 

工事現場などの騒音は短時間でも耳を疲労させ聴力を落としますが、これは耳の中で音をキャッチする「有毛細胞」が疲労するためです。

そして、軽い騒音だとしても長時間聞き続けていると、耳が休めないため有毛細胞の疲れが蓄積して難聴になる危険性が高まるのです。

 

聴力を保つにはきちんと耳を休ませることが大事で、テレビやラジオなどをつけたまま寝る習慣は難聴のもとなので避けましょう。


難聴

今週の○×クイズは…

 

「軽い騒音も長く聞くと難聴になりやすい。」○か×か?

 

疲れ目の人は多いと思いますが、疲れ耳はあるのでしょうか?

 

 

では前回のクイズ

 

「しっかりと記憶するには、覚えた後すぐに寝る?」の答えは…

 

○です。

 

記憶には「短期記憶」と「長期記憶」があり、新しい情報はまず「短期」に入れられ、その中から一部が「長期」に移されます。

こうして「情報」が「記憶」として定着するわけですが、記憶の定着は深い睡眠状態のときに行なわれていると考えられています。

ですから、しっかりと記憶するには覚えた後に寝たほうがいいのです。

 

あと、起きていると次々に余分な情報が入ってしまう、というデメリットもあります。

 

この他に「思い出す訓練をくり返す」とか「間隔をあけて覚える」などの方法も有効ですが「一夜漬け」はオススメできませんよ。


<<前のページへ4567891011121314

アーカイブ

このページのトップへ