HOME > お知らせ

お知らせ

シミの原因

今週の○×クイズは…

 

「シミは紫外線の他に、女性ホルモン・ストレス・洗顔も、その原因となりうる」○か×か?

 

シミといえば紫外線が大敵なのはご存知でしょうが…?

 

 

では前回のクイズ

 

「メタボリックシンドロームとは、皮下脂肪がつくことを指す言葉である?」の答えは…
 
×です
 
よく太っている人のことを「メタボ」と呼んだりするため、こういった誤解を生んでしまいがちですね。
 
体脂肪のうち内臓脂肪が過剰になると、血圧や血糖値、中性脂肪を同時に上昇させて、生活習慣病のリスクを高めます。
このように、生活習慣病になりやすい状態のことを「メタボリックシンドローム」というのです。
 
一見スマートな方でも油断してはいけません。
「やせの大食い」の方は特に注意が必要ですよ。
 
 

メタボリックシンドローム

今週の○×クイズは…

 

「メタボリックシンドロームとは、皮下脂肪がつくことを指す言葉である」○か×か?

 

「メタボ」という言葉はよく使われますが正しい意味は…?

 

 

では前回のクイズ

 

「お茶に含まれるカテキンには、活性酸素を撃退する抗酸化力がある?」の答えは…

 

○です。

 

活性酸素を撃退するのは赤ワインのポリフェノールが有名ですが、実はカテキンもポリフェノールの仲間です。

つまりカテキンには殺菌作用の他に抗酸化作用もあるのですね。

 

また、活性酸素対策の水分補給に「水素水」も注目を浴びています。

当院でも水素還元水を販売していますが、美容と健康を気づかい、生活習慣病や加齢が気になる方に大好評ですよ!


カテキン

今週の○×クイズは…

 

「お茶に含まれるカテキンには、活性酸素を撃退する抗酸化力がある」○それとも×?

 

カテキンに殺菌作用があることは、よく知られていますよね?

 

 

では前回のクイズ

 

「水分不便秘につながる?」の答えは…

 

○です。

 

水分不になると、大腸の内容物の水分を過剰に吸収するため、便が固くなり便秘になりやすいと言われています。

また、水分不は腎臓にも負担がかかり、自排能力の低下も起こりやすいので、1日に2リットルくらいの水分は摂るように心がけましょう。


水分と便秘

今週の○×クイズは…

 

「水分不便秘につながる」○それとも×?

 

これからの季節、水分補給は大切ですが…?

 

 

では前回のクイズ

 

「ダイエットに効果的な水分量は1日に2~3ℓ?」の答えは…

 

○です。

 

腎臓の状態などにもよりますが、2~3ℓの水分を食事中や寝る前に小分けして摂取すると老廃物の代謝に効果的なのだそうです。

特に夜の水分補給と排尿が重要らしいですよ。

 

あと、水分はお水だけでなくお茶や紅茶でもかまいませんが、コーヒー、スープ、アルコールは水分にはカウントしないでくださいね。

 

 


水とダイエット part2

今週の○×クイズは…

 

「ダイエットに効果的な水分量は1日に2~3ℓ」○か×か?

 

1日にどれくらい水分を摂れば痩せやすくなるのでしょう?

 

 

では前回のクイズ

 

「地鶏はシチューなどの煮込み料理に向いている?」の答えは…

 

×でした。

 

ブロイラーはほとんど運動させずに出荷しますが、地鶏はたっぷりと運動させながら長い時間をかけて育てます。

その結果、地鶏のほうが引き締まって歯ごたえのある肉質になります。

 

ところが、どんなに素晴らしいものにも向き不向きがあります。

 

シチューなどの煮込み料理に関しては、もともと締まっている地鶏の肉が、煮込むことによってさらに締まってしまい、シチューのトロトロ感に合わなくなってしまうのです。

反対に親子丼などはご飯との食感の組み合わせがいいため、その持ち味を十分に生かせますよ。


地鶏

今週の○×クイズは…

 

「地鶏はシチューなどの煮込み料理に向いている。」○か×か?

 

地鶏の魅力は締まって歯ごたえのある肉質ですが…?

 

 

では前回のクイズ

 

「ダイエットにはやっぱり硬水がいい?」の答えは…

 

×です。

 

硬水と軟水の違いはミネラルの量にありますが、硬水の過剰摂取はミネラルの摂り過ぎによる身体の不具合を発生させる恐れがありますので注意が必要です。

一方で軟水にもミネラルは含まれていますし「老廃物の代謝」への効果は硬水よりも期待できるので、どちらかといえば軟水の方が好ましいと言えます。


水とダイエット

今週○×クイズは…

 

「ダイエットにはやっぱり硬水がいい。」○か×か?

 

硬水と軟水の違いはミネラルの量にあります。

 

 

では前回のクイズ

 

「おいしい焼きギョーザは、最初にしっかりと焼き目をつけるのがポイント?」の答えは…

 

×でした。

 

プロが焼いたように「皮が透き通っていてモチモチ」の状態にするには最初にたっぷりのお湯で茹でることをお勧めします。

実は最初に焼き目をつけてしまうと、その段階で皮まで火が通ってしまい、後から水を入れてもモチモチにはなりにくいのです。

3分ほど茹でて皮が糊化したらお湯を捨て、油を加えて1分半ほど焼くと焼き目は自然にパリっと仕上がりますよ。


焼きギョーザ

今週の○×クイズは…

 

「おいしい焼きギョーザは、最初にしっかりと焼き目をつけるのがポイント」○か×か?

 

プロが焼いたように「皮が透き通っていてモチモチ」の状態にするには…?

 

 

では前回のクイズ

 

「サケは身が赤いほうがおいしくて栄養がある?」の答えは…

 

○ですよ。

 

サケの身の赤い色はエサであるオキアミ(エビの仲間)の色です。

つまり、身が赤いということは、たくさんのオキアミを食べて脂がのっている証拠と言えます。

そして、この色素はポリフェノールの一種なので栄養も多いというわけです。

 

同じ種類のサケならば、身が赤いほうを選びましょう。


サケ

今週の○×クイズは…

 

「サケは身が赤いほうが美味しくて栄養がある。」○か×か?

 

イクラも赤いですね。

 

 

では前回のクイズ

 

「ホタテの刺身の切り方は、縦と横では味が違う?」の答えは…

 

○です。

 

刺身は切るだけだから、どうやっても味が違うはずがないと思ったら大間違いで、切り方で驚くほど食感が変わります。

 

私たちが普段刺身で食べているのは貝柱の部分で、これは筋肉であり、筋肉繊維は縦方向に走っています。

なので、横に切ると繊維の束をバラバラにほぐすように噛むことになり、縦に切ると繊維が長いままなので噛みごたえが強くなるのです。

 

ちなみに、バター焼きにする場合は横に半分に切って焼くこと。

こうすると加熱しすぎることなく、身の中心までほどよく火が通りますよ。


ホタテの刺身

今週の○×クイズは…

 

「ホタテの刺身の切り方は、縦と横では味が違う。」○か×か?

 

ホタテの貝柱は「筋肉」ですよ。

 

 

では前回のクイズ

 

「布団を干したあとは、たたかないほうがよい?」の答えは…

 

○でした。

 

まず、布団はたたいてもたたいてもホコリが出ますが、実はあれは綿の繊維が切れたものなので、やればやるほど布団が傷んでしまうのです。

 

しかも、布団の内部にあったダニの死骸が表面に浮き出てくるため、アレルギー原因物質を増やしてしまう結果にもなります。

さらに、たたくことでダニの死骸やフンが細かくなり、体内に入り込みやすくもなってしまうのです。

 

アレルギーを防ぐには、布団専用のノズルをつけて掃除機で吸うのがベスト。

なお、日光に当てるのはOKですよ。

 

 


<<前のページへ345678910111213

アーカイブ

このページのトップへ