HOME > お知らせ

お知らせ

開店6周年記念キャンペーンのお知らせ

 平素より格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。
さて、当院は、来る12月18日で開店6周年をむかえることができます。

これも皆様のご愛顧の賜物と感謝申し上げます。


つきましては、11月20日(水)から12月18日(水)までの期間内にご予約頂いた方には、下記のとおり割引を行わせていただきます

是非ともをお運びください。

 

整体または裏 どちらでも、何度でも

 

60分コース・・・¥3,000

30分コース・・・¥2,000

 


これを機に、更なるサービス向上に努めてまいりますので、今後とも変わらぬお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。  


ブラックコーヒー

今週の○×クイズは

 

「コーヒーをブラックで飲むと胃に悪い?」です。

 

コーヒーには砂糖やミルクを入れますか?

それともブラックで飲みますか?

それって胃にはどんな影響があるのでしょう?

 

で、先週のクイズ

 

「ガムを飲み込んだら腸が詰まる?」の答えは・・・

 

×です。

 

ガムは飲み込むと、胃や腸などの体内では消化吸収されず、便と一緒に排出されます。

なので、うっかり飲み込んでしまう分には、特に問題ありません。

 

とはいうものの、ガムの中には植物性油脂や酢酸ビニル樹脂などが含まれていて、特に後者はプラスチックのようなものですから、当たり前のように飲み込むのはやめたほうがいいでしょう。


ガム

今週の○×クイズは

 

「ガムを飲み込んだら腸が詰まる?」です。

 

私は子供の頃にうっかり飲み込んでしまったことがありますが、飲み込んだガムはその後どうなるのでしょうか?

 

 

さて、先週のクイズ

 

「チョコレートを食べ過ぎると吹き出物ができる?」の答えは・・・

 

×です。

 

チョコレートには脂肪成分が多く、刺激のあるカフェインなどが入っているので、このようなイメージがあるかもしれませんが、医学的根拠はありません。

ただし、食品添加物の乳化剤によるアレルギーで吹き出物ができる可能性はありますので気をつけましょう。

 


吹き出物

今週の○×クイズは

 

「チョコレートを食べ過ぎると吹き出物ができる?」です。

 

チョコレートには脂肪成分が多く含まれています。

カフェインなどの刺激物も入ってます。

やはり、食べ過ぎは吹き出物の原因となるのでしょうか?

 

 

さて、前回のクイズ

 

「チョコレートの食べ過ぎは虫歯の原因になる?」の答えは・・・

 

×でした。

 

子どもの頃、チョコレートを食べ過ぎると虫歯になると聞かされていた人も少なくないと思いますが、どうやらこれは間違いらしいとわかってきました。

チョコレートに含まれているカカオポリフェノールは、抗酸化作用が高く、虫歯菌の増殖を抑えてくれるので、むしろ虫歯を減らすことができるという報告が出てきたのです。

とはいえ、チョコレートに入っている砂糖は、当然虫歯の原因になりますから、食べた後はきちんと歯を磨く必要があることは言うまでもありません。


チョコレートと虫歯

今週の○×クイズは

 

「チョコレートの食べ過ぎは虫歯の原因になる?」です。

 

チョコレートを食べ過ぎると、やっぱり虫歯が気になりますね。

子供の頃に言われたことがある人もいるのではないでしょうか?

 

 

では、前回のクイズ

 

「熱いものに触ったら耳たぶをつまんで指を冷やすとよい?」の答えは・・・

 

○です。

 

私たちの体温は大体36度から37度ですが、耳たぶは(外気などにも影響されますが)平均で29度。

体温より7度くらい低いのです。

 

なので、熱いものに触ってしまったときに、体の中で最も温度が低い耳たぶをつまんで指を冷やすのは間違いではなく、生活の知恵として医学的にも根拠のあるしぐさと言えます。

 

ちなみに、一見なんの役に立っているのかわからない耳たぶですが、実は音の方向感覚をつかむのに重要な役割を演じているんですよ。


おわび

過日お知らせのとおり、当院は10月16日(水)の台風の影響により、院内が冠水したため、一時営業ができない状態となりました。

その後復旧により、通常通り営業しておりましたが、ルーターが水没の影響を受けていたため、本日の午前中に再び電話が不通となり、メールでの対応もできず、ご予約を希望されたお客様にはご迷惑をお掛け致しましたことを再度お詫びするとともに、何卒ご理解のほど重ねてお願いいたします。

ただいま10月25日12:00現在、電話もメールも復旧しております。

何かとご不便をおかけして申し訳ありませんが、 またのご予約、ご来院をお待ちしております。

  


おわび

過日、10月16日(水)台風の影響により、院内が冠水したため、営業ができない状態となりました。
電話も不通となり、パソコンなどの電気機器も水害のため、メールでの対応もできず、ご予約を希望されたお客様にはご迷惑をお掛け致しましたことをお詫びするとともに、何卒ご理解のほどお願いいたします。
先日お知らせのとおり、明日10月19日(土)の午後は休業となりますが、10月20日(日)からは通常どおり営業しますので、 またのご予約、ご来院をお待ちしております。

 


耳たぶ

今週の○×クイズは

 

「熱いものに触ったら耳たぶをつまんで指を冷やすとよい?」です。

 

とっさに行う動作のひとつですが、これってはたして有効なのでしょうか?

 

 

ということで前回のクイズ

 

「過度のストレスを受けると一夜で白髪になる?」 の答えは…

 

×でした。

 

18世紀のフランス王妃、マリー・アントワネットには、死刑宣告を受けたことによって、ストレスのあまり美しかった髪の毛が、白髪になってしまったという有名なエピソードがありますが、医学的には一夜にしてすべての髪の毛が白髪になることはありえません。 

 

老化やストレスにより、毛根のメラノサイトという細胞が機能しなくなり、髪の色が薄くなることはありますが、髪は一日に0.3㎜ほどしか伸びませんので、一晩ですべての髪が白髪になることはありえないわけです。

 

もしも、ストレスによって白髪になるとしたら、髪の長さにもよりますが、3~4か月はかかるでしょう。


臨時休業のお知らせ

誠に勝手ながら今週10月19日(土)の営業時間は午前10時~午後1時までとさせていただきます。

午後は休業となりますのでご了承ください。


ストレス

今週の○×クイズは

 

「過度のストレスを受けると一夜で白髪になる?」です。

 

18世紀のフランス王妃、マリー・アントワネットは、死刑宣告を受けたことによって、ストレスのあまり、美しかった髪の毛が、白髪になってしまったという有名なエピソードがあります。

では、実際にストレスにより、一夜にしてすべての髪の毛が、白髪にになることはあるのでしょうか?

 

 

というわけで、前回のクイズ

 

「白髪は抜くと増える?」の答えは…

 

×です。

 

これは明らかな迷信で、医学的な根拠はまったくありません。

白髪というのは、髪の毛からメラニン色素が抜けた状態で、メラノサイトという色素細胞が、活動をやめてしまうために起こる現象です。

そして、白髪を抜くことで、この活動の停止が連鎖するというデータはありません。

 

「でも、実際に増えた」という人がいるかもしれませんが、これはおそらく、白髪が気になって抜き始めるタイミングと、年齢的に白髪が増え始める時期が重なっているから、と考えるのが妥当でしょう。

 

ただ、加齢によって増える白髪を、いちいち抜いていると、今度は薄毛に悩まされることになりかねませんよ。

 


<<前のページへ1213141516171819202122

アーカイブ

このページのトップへ