HOME > KARADAに関するキーワード > アロマテラピー 基材

KARADAに関するキーワード

< アロマテラピー 香りのある暮らし  |  一覧へ戻る  |  アロマテラピー トリートメント法 >

アロマテラピー 基材

アロマテラピーを楽しむとき、精油は大変濃縮されたものなので、原液を直接皮膚につけることはできません。

また、香りを楽しむにも原液のままでは濃厚すぎて、気分が悪くなってしまうこともあります。

 

そこで、心地よくアロマテラピーを楽しむには、精油を安全な濃度に薄めることが大切です。

精油を薄めるときに使う材料にはさまざまなものがありますが、精油を選ぶことと同様この薄める材料の選び方もアロマテラピーを楽しむ重要なポイントです。

 

ここではその材料を「基材」と呼びます。

 

基材にもそれぞれに特徴があり、多くの効能や特性をもっています。

それぞれの性質を十分理解し、使う目的や自分の肌質に合ったものを選びましょう。

 

 

①植物油

アロマテラピーでは植物由来の油性基材が多く用いられ、これらは一般的に「植物油」「キャリアオイル」「ベースオイル」と呼ばれています。

そのほとんどが食用としても使われる安全なものですが、トリートメントに用いる場合にはトリートメント用として販売されているものを選びましょう。

また、植物油は酸化しやすいので、キャップはしっかり締め、直射日光のあたる所や湿度の高い所での保管はさけ、できるだけ早く使い切るようにしましょう。

 

【注】皮膚につける場合は赤くなったり、かゆくなったりしないか、肌質に合うかどうかをパッチテストしてから使いましょう。

(パッチテストの方法) 前腕部の内側に適量塗り、24~48時間放置し、皮膚にかゆみや炎症などの異常が起こらないかどうかを確認します。異常があった場合はその時点で大量の水で洗い流してください。

 

「スイートアーモンド油」

バラ科の植物スイートアーモンドの種子からとれる植物性油脂です。

においはほとんどなく、無色~淡黄色で、主成分はオレイン酸とリノール酸です。

古くから化粧品の材料としても広く用いられています。

 

「オリーブ油」

モクセイ科の植物オリーブの果実からとれる植物性油脂です。

淡黄色~淡緑黄色で、主成分はオレイン酸とリノール酸です。

美容や医療の分野で広く用いられています。

 

「マカデミアナッツ油」

ヤマモガシ科の植物マカデミアナッツの種子からとれる植物性油脂です。

淡黄色で、主成分はオレイン酸とパルミトレイン酸です。

パルミトレイン酸を約20%含有しており、皮脂の成分に近いことからスキンケア用としてよく使用されます。

 

「ホホバ油」

砂漠に自生するツゲ科の植物ホホバの種子からとれる液体ワックス(ロウ)です。

無色~黄色で、低温で固まることがあります。

 

「植物性スクワラン」

オリーブ油などに由来する炭化水素を還元して得られる飽和炭化水素です。

無色透明でにおいもありません。

 

 

②水性の基材

水は精製水、飲料水、芳香蒸留水などを使用します。

水道水には消毒としての塩素をはじめ多数の成分が含まれていますので使用しないほうがよいでしょう。

 

「水」(精製水・蒸留水・飲料水)

不純物のない純度の高い水として、薬局で手に入る精製水や蒸留水、小売店などで市販されている飲料水などを用います。

 

「芳香蒸留水」(フローラルウォーター)

水蒸気蒸留法により精油を製造するときに同時に得られる水です。(ローズ、ラベンダー、オレンジフラワー、カモミールなど)

そのまま化粧水として、またクレイパックを作るときに用います。

 

 

③その他の基材

 

「アルコール」(エタノール)

精油は水には溶けませんが、アルコールにはよく溶けますので、精油をあらかじめアルコールに溶かしておいてから、水を加えると比較的よく混ざり合います。

また、アルコールは容器やガラス棒などの洗浄・消毒にも使います。

アロマテラピー用としては無水エタノールや消毒用エタノール、アルコール度数の高いウォッカなどを用います。

 

「ミツロウ」(ビーワックス)

ミツバチが巣を作るときに分泌するワックスです。

アロマテラピーでは植物油に溶かして軟膏やクリームを作るときに用います。

また、キャンドルや市販の化粧品の原料として用いられています。

 

「クレイ」

鉱物を主成分とする粘土です。

カオリンやモンモリロナイトなどがこれにあたります。

吸収、吸着、収れん、洗浄作用があり、パック剤などに用います。

 

「グリセリン」

脂肪や油脂からとれる無色透明の液体です。

保湿作用があり、化粧水やクリームを作るときに用います。

 

「塩・重曹・クエン酸」

海塩や岩塩などミネラルを含んだ天然の塩には発汗作用があり、体内の毒素を排泄する効果があります。

重曹(炭酸水素ナトリウム)には皮膚の柔軟・洗浄作用があり、皮膚をなめらかにする効果があります。

これらの材料に精油を加えてよく混ぜバスソルトとして用います。

重曹とクエン酸を組み合わせると泡の出るバスソルトもできます。

 

「ハチミツ」

保湿作用と皮膚の炎症を鎮める作用をもち、入浴剤やパックの基材として用います。

 

 

 

 


< アロマテラピー 香りのある暮らし  |  一覧へ戻る  |  アロマテラピー トリートメント法 >

このページのトップへ