HOME > お知らせ > アーカイブ > 2013年6月アーカイブ

お知らせ 2013年6月アーカイブ

ハチミツ

今週の○×クイズは…

 

「赤ちゃんにはハチミツを食べさせてはいけない?」です。

 

美味しくて健康にいいハチミツが好きな方も多いと思いますが、赤ちゃんには与えていいものでしょうか?

 

 

で、先週のクイズ

 

「運動は空腹時にしたほうがダイエットには効果的?」の答えは…

 

○です。

 

私たちは食事をしてから時間がたつと血糖値が下がり、それを脳にある満腹中枢が感知して空腹を感じます。

このときに運動をして、さらに血糖を消費しようとすると、身体は予備のエネルギーである脂肪を利用しようとするのです。

したがって、空腹時に運動すると、体脂肪がより燃焼して、ダイエットに効果的です。

 

ただし、血糖値が低いときに激しい運動をすると、低血糖による様々な症状が出る場合がありますから、ウォーキングなどの軽めの運動がいいでしょう。


ダイエット

今週の○×クイズは…

 

「運動は空腹時にしたほうがダイエットに効果的?」です。

 

脂肪をたくさん燃焼させるためには、空腹時の運動が効果的って本当でしょうか?

 

 

では、前回のクイズ

 

「重い脱水症状になったら急いで水を飲ませるのは危険?」の答えは…

 

○です。

 

のどの渇きを感じる程度の軽い脱水症状(体重の4%ほど)なら水を飲むことで快復します。

ところが、重度の脱水症状の場合には、水を飲んでしまうことで、体の電解質のバランスを悪くしてしまい、水中毒(けいれん・意識障害・呼吸困難)になる危険性があるので、決して水を飲ませてはいけません。

また、急激な水分補給は、脳浮腫や心不全などが起こる危険もあるので、充分に時間をかけて、慎重に対処しなければなりません。

 

いちばんの解決方法は、医療機関で適切な点滴治療を受けることです。

それができない場合には食塩とブドウ糖を混ぜ合わせて水に溶かしたものか、血液と塩分濃度が近い味噌汁を飲ませるとよいでしょう。

 

軽度か重度かの判断は、数分間以上意識がもうろうとしていたり、変なことを言ったり、意思の疎通ができなかったり、奇怪な行動をとるかどうかなどがポイントです。

 

 


脱水症状

今週の○×クイズは

 

「重い脱水症状になったら急いで水を飲ませるのは危険?」です。

 

これからの季節は水分補給に気を付けなければなりませんが、万が一、周りで重い脱水症状になってしまった人がいたら、どのように対処したらよいのでしょうか?

 

 

では前回のクイズ

 

「植物性油は身体にいい?」の答えは…

 

×です。

 

みなさんの多くは、植物性油は身体によくて動物性油は身体によくない、というイメージをお持ちではないですか?

一般に動物性油を摂りすぎると、悪玉コレステロールが増えると言われていますが、ココナッツオイルなどの植物性油もそうなので、一概に植物性油だから身体によいとは言えません。

また、多くの植物性油に含まれているリノール酸には、血中コレステロール値を下げる働きがある反面、肥満やがん、動脈硬化、心筋梗塞、糖尿病などの病気を引き起こす側面があります。

 

「過ぎたるは及ばざるがごとし」

 

油は細胞膜やホルモンをつくるのに大切な栄養素ですが、最近の栄養学では「植物性油だから身体によい」という認識は正しくないようです。


植物性油

今週の○×クイズは

 

「植物性油は身体にいい?」です。

 

みなさんは動物性油の摂りすぎは悪玉コレステロールを増やすのでよくないと思ってますよね?

では、そのかわりに植物性油を摂るようにすれば果たして問題は解決するのでしょうか?

 

で、前回のクイズ

 

「夏は代謝がよくなるからやせやすい?」の答えは…

 

×です。

 

夏は汗をいっぱいかくので、代謝が活発になっている感じがしますが、これは間違いです。

むしろ夏は冬に比べて約10%も基礎代謝が低下しています。

なぜなら、気温が低い冬は体温を保つためにたくさんエネルギーを使わなければいけませんが、夏は気温と体温の差があまりないために、冬ほどエネルギーを使わないで済むからです。

 

夏にかいている汗は、体温を下げるためにかいている汗なので、運動してカロリーを消費しているときにかく汗とは別物。

つまり、どれだけ汗をかいても運動しなければやせない、ということです。


1

« 2013年5月 | メインページ | アーカイブ | 2013年7月 »

このページのトップへ